FC2ブログ

2016年3月27日(日)の日記

ダークマンEXE


 裸でパレードする王様に対し、彼が裸であることを国民は誰も指摘できず、ピュアな子供も親に口を塞がれ、何も言えない状態の中、パレードの列に颯爽と飛び出した一人の男。
 止めようとする護衛の手を華麗にすり抜け、王様の横にやってきたその男もまた、裸であった。

「王様! おそろいだね!」

 王様苦笑い。
 こっちのほうが効く。


【日記】
 バットマンvsスーパーマン、観に行けばよかったなぁ。

 ネットで客席状況を確認した時には客席もあらかた埋まっていて、スクリーン間近の見づらい席しか残ってなかったし、直近の回は家から自転車を一生懸命飛ばせばなんとかギリギリ上映開始までに間に合うような時間で、ネット予約にちょっとでも手間取ったらアウトだったので、まぁ今回はいいや、と見送ることに。

 そう決めてから、自転車で映画館とは逆方向の野球場まで散歩に行く。
 その野球場の付近に行くと決まって肩が痛くなるので、ピッチャーの霊でも彷徨っているのだろうか。

 国道沿いのトイザらス(トイザらスって一発で変換出来るの凄いね)に入ると、バットマンの玩具がたくさん並んでいて。
 フィギュア関係がバットマンばかりでスーパーマンをほとんど見かけなかったのは、まぁ、なんとなく理由はわかるのだけれど、そういうものを見ていると、やっぱり映画観たかったなぁ、という気持ちもムクムクと蘇る。そのたび、でも時間なかったし、いい席空いてなかったし、まだしばらく上映してるはずだし、と、自分をよしよし慰めておりました。

 そんなことを繰り返すこと5、6回。
 グダグダとやらない理由をつけて、結局何もせずにいる癖がつくのはよくないなぁ、と、反省。
 行こう、と思った瞬間に行動した方が、後悔せずに済むはずなのです。


 散歩の帰り道、肩の痛みを治すためにコーラを買おうとスーパーに入店。
 コーラは蜜尿症以外のあらゆる体調不良に良く効くと聞きます。

 そうしたら今、ペプシコーラにバットマンvsスーパーマンの映画鑑賞100円割引券が付いてるのね。
 焦って観に行かなくてよかったー。100円損するところだったよー。


 家に帰るとガンダムも最終回で。 
 心に残る映画やアニメを1日で何作品も見ちゃうと、一つ一つの印象が薄まっちゃうから、今日観に行かなくてよかったー。
 今日はガンダムのことを考えて寝よう。


 100円割引券を使って、後日いい席で観ようと思います。
 何事も思いつきで行動しちゃダメだぞ。

スポンサーサイト
[ 2016/03/27 00:00 ] エグゼ | TB(-) | CM(2)

2016年3月17日(木)の日記

振り向くアイリス

 アンジェリー・ナジョリーで区切ると、富野監督作品のキャラ名みたいだよね。
 
 
-これまでのあらすじ-
 ひょんなことからレゴブロックにはまってしまった私は、ネット通販でパーツ単位での購入が可能なことを知り、足りないパーツを買い漁り始める。
 しかし、無性に欲しかった丸鶏(ターキー)のパーツだけはどこにいってもすでに売り切れ状態だった……。


 それから数日。
 レゴの丸鶏(ターキー)も無事買えました。ワニも大喜び。それに合わせてレゴの家セットも買ってしまい、大人シルバニア化は進行するばかり。
 組立説明書に習って家を組立て、そこに我が家のワニ軍団を投入。大ワニ中ワニ小ワニと、ワニに包囲される家。小物を持たせて配置して、自分の中である程度の物語をもたせてディスプレイを楽しんでいたのですが、冷静になって今自分がやっていることを見返してみると、完全に箱庭療法だ……。
 
 私の傍らにカウンセラーの先生がいたならば、組み立てている私に簡単な質問をいくつか投げかけて、私の過去や今の悩みがまるっとぼろっと暴かれてしまっていたのでしょうが、カウンセラーの先生がいなくても、自分でも分かることが一つ。
 最初に建てた家には、外でバーベキューをするためのアメリカっぽいグリルがついており、ここにソーセージやチキン、ピザを焼いて、ワニ達が全員で乾杯をしている様子、というストーリーでディスプレイをしました。私自身、飲み会苦手なのに。

 自分は飲み会が苦手だということは、昔からもわかっておりました。
 お酒に弱く、酔うことが楽しさにつながらないから飲み会は苦手なのだ、と、自分では思っていたのですが、ただ、それでもこの乾杯の様子を作ったり、そこにワクワクを感じ取ってしまった自分の深層心理を鑑みるに、私には現実とは異なる、理想とする憧れの飲み会があるのではないかと、そう思えるのです。
 指摘されて思い返してみると、実際の飲み会の感想の中に、一筋の「思っていたのと違ってがっかり」という感想が入っているような、そんな気もしてきます。
 
 
 漫画の描き下ろしイラストなどで、キャラクターが勢ぞろいして酒盛りをしている絵をよく見かけます。華やかで、楽しそうで、あれが理想の飲み会。
 ビールのCMで、強い日差しの中、男達が楽しそうに乾杯している映像を見ます。人生の喜びと、強い生命力を感じる、あれが理想の飲み会。
 私も実際に飲み会に行く前には、上記のような飲み会の様子を想像して、ワクワクとした気持ちになったりもするのです。
 
 
 しかし、キャラクター達の酒盛りも、絵になった一瞬は最高に楽しそうですが、その後、各々誰と話をするのでしょうか。
 
 一見すると笑顔だけれど、よく見たら誰とも話していない人はいないでしょうか。
 早々に酔い潰れて寝ているように見えるけれど、実は寝たふりをしている人はいないでしょうか。
 出された料理をムシャムシャ食べているけれど、食べていないと間がもたないだけの人はいないでしょうか。
 
 
 ビールで乾杯する男達も、何の話をしているのでしょうか。
 
 不動産やローンの話をしている人はいないでしょうか。
 私の友達の悪口で盛り上がっている奴はいないでしょうか。
 スマートフォンをいじりだす子はいないでしょうか。
 
 
 その楽しそうな盛り上がりを見て、自分の何かを解放してくれるのではないかと期待するほど憧れた飲み会の様子であっても、少し深入りして具体的な部分を想像するだけで、もうこのションボリ具合です。ここ現実と理想の大きな壁がある。
 私は、絵になったあの一瞬、CMの映像になったあの数秒だけがずっと、2時間コースなら2時間続くような、そんな飲み会を望んでいるのかもしれません。
 その間、楽しく笑いながら相手を褒め、相手も私を褒めてくれて、チキンを焼いて、ケーキを食べて、コーラやアイスコーヒーを飲みたいのです。
 そんな、そんな飲み会がしたいのです。
 
 
 
 ……と、ここまでの話を聞いていたカウンセラーの先生が、だったら今夜行われる私達の飲み会に参加するといい、と、誘ってくれました。
 カウンセラーの先生はよく話を聞いてくれる人だったので、期待をして同行してみたのですが、どうやら市内のカウンセラー仲間の飲み会だったらしく、
 疎外感が凄ぇ。
 
 
 
[ 2016/03/17 00:00 ] X | TB(-) | CM(3)

2016年3月5日(土)の日記

WWW in MaHa壱番

「時そば」は「トキソ」の部分に毒を含んでいるぞ。気をつけろ。

クラシックスコレクション、買っちゃいましたよ。
いざ手元に届いてゲームを始めてみても、これもう何十回もプレイしたわ……という気持ちだし、6に至っては今日クラシックスコレクションが届くの忘れて、昨日プレイしちゃってるしね。
 やってみたところで 「やっぱり何回やっても面白いね!!」 以外の感想はそんなに出てこないですよ。正直。

 と、いいつつ。 
 ファミコンを実家に置いてきてしまったため、長らく無印ロックマンと言えばPS版、という生活をしていたので、6のエンディングメドレーがシームレスにつながっているというだけで、グッとくるもんがあります。
 PS版で長いこと「つながってないなぁ……」とだけ思っていたものの、曲がつながっているバージョンを聞くのは何年ぶりのことだろうか。

 今更になって、エレキマンの安定した倒し方に気がついたり、逆に今までできていたはずのファイヤーマンの倒し方がわからなくなったり。ファイヤーマンの倒し方がわからないって日記で言うの何度目だ。何年もやっているはずなのに、何回やっても発見があって面白いです。
 3DSがこのソフトのおかげで壊れるんじゃないかと不安。

 ミュージアムで取説の画像も見られるけれど、喜び勇んでボス案が採用された人の名前を確認しに行ったら、きれいに消されてました。当然といえば当然か。思えば当時はフルネームの本名だけでなく、住所までバッチリ取説に載っていたので、すごい時代だったんだなぁと、しみじみ思います。
 今では考えられないし、そういったこともあって、今の時代はボス募集も色々と難しいんだろうなぁとは思うけれど。
 昔の雑誌なんかは、ファンレターの宛先として、タレントやアイドルの住所が(事務所の住所ではなく本人の住所が)書かれていたと聞きますが、どうしてそれで問題が起きなかったのか、本当に疑問。
 ……問題が起きたから扱いに気をつけるようになったのか。そうか。

 何年かに1回、採用された人の名前を確認したくなるんですよね。

 
 Rを押したら出るメニュー画面が、パッと見ブルースクリーンっぽくて、一瞬マズいボタンを押しちゃった印象を受けるので、そのへんのデザイン性をもうちょっとなんとか……とは思いますし、チャレンジステージのワープホール、もうちょっときれいにドットを……などとも思いますが、気になる部分もちょこちょこあるものの、手元に置いておいて、すぐ遊べる、という点においては、すごくありがたいゲームができたように思います。
 心豊かに大きい画面で遊びたくなったり、家にきた人と一緒に遊ぼうと思った時は、PS版で遊ぶなどして使い分けて行きたいですね。

[ 2016/03/05 00:00 ] エグゼ | TB(-) | CM(2)
プロフィール

ナポ

Author:ナポ
ブログになっても火箭日報。

【一言メッセージはこちらから。】

検索フォーム