FC2ブログ

2019年2月15日(金)の日記

ジャバウォッキー @10騎士

 ディモルフォドン、エラスモサウルス、アーケロン、サルコスクス、イクチオサウルスで、古代の爬虫類戦隊という新戦隊はどうか。
 で、敵が全員恐竜なの。
 「お前らに わかってたまるか!」が決め台詞なの。


 少年の頃にジャンプを読んでいなかったので、こち亀の知識が友人宅や病院の待合室で読んだ10%程度しかないのだけれど、少年漫画にはいっさい触れていなかったはずの母も、何故かこち亀知識が0,5%程度はあったらしく、ある日テレビに両津が映った際、それを見た母が
 「あ、ウォーズだ。」
 って言ったんです。

 母はどうやらあの角刈りの警官を「ウォーズ勘吉」だと思っているらしいのね。
 どうやったら主人公の名前のイントネーションだけ、という、0,5%の知識だけ得ることができたのか、わりと不思議。

 そんなことも10年以上前の話になるので、今では母も1%の知識を得てしまったのだろうか。
 今でも彼女の中では「ウォーズ勘吉」であり続けて欲しいと、心のどこかで願ってやみません。


スポンサーサイト
[ 2019/02/15 00:00 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)

2019年2月3日(日)の日記

2019年節分


私「問題。昔話『大工と鬼六』で、大工が橋の建設を鬼に委託したところ、報酬として目玉を要求されてしまいました。
  嫌がる大工に、もし俺の名前を当てられたなら目玉はいらないと鬼は譲歩案を出してきたのですが、
  さて、この鬼の名前はなんでしょう?」
鬼「ハイッ!! 鬼六!」
私「正解!」
鬼「むしろそれ以外が思いつかない!」
私「だよなー。タイトルに答え書いちゃダメだよなー。」
鬼「なー。」


私「じゃあ次。作物を荒らすイタズラ狸にいつも悩まされていたお爺さん。ある日罠をしかけて、狸の捕獲に成功します。」
鬼「はい。」
私「 お爺さんは狸を生きたまま家に持ち帰り、お婆さんに渡しました。狸は夕飯の材料となるはずでした。」
鬼「はい。」
私「お爺さんが再び家を出て、狸がお婆さんと二人きりになるや否や、ずる賢い狸は反省を装ってお婆さんに拘束を解かせた後、
  お婆さんに暴行を働いて山へと逃走。家に帰ってその惨状を目の当たりにしたお爺さんは大変悲しみました。」
鬼「ひどい。」
私「悲しんでいるお爺さんに、山の兎が狸討伐の協力を申し出ます。」
鬼「どこから出てきたの、兎。」
私「兎は狸に薪を背負わせると、薪ごと狸を燃やしました。」
鬼「しくじった子分に対して見せしめでやるやつじゃん!」 
私「さらに後日。兎は狸のやけど跡に唐辛子を塗りつけました。」
鬼「正義の暴走だ。」
私「さらに後日。」
鬼「まだ続くの!?」
私「兎は狸を泥でできた船に乗せて湖に出し、湖の真ん中で船は崩れて狸は溺れ死んでしまいましたとさ。」
鬼「……?」

私「最終的な死因の地味さはわ か り ま す が まぁともかくだ。問題です。この昔話のタイトルはなんでしょう?」
鬼「パニッシャー」
私「残念! 正解は『かちかち山』でしたー!!」
鬼「えー!? そんなワードあらすじの中に一回も出てきてないじゃないですかー! わかるわけないよー!」
私「だよなー。タイトルつけるにしても、そこ? って感じはするよなー。」


私「じゃあ次。茶釜から戻れなくなってしまった化け狸。食べ物をもらった人間にお礼にとして、鉄瓶でできたボディーの高い防御力を生かし戦場では盾役として」
鬼「ハイッ! ぶんぶく茶具アーマー!」
私「正解!! まぁ意味はほとんど同じだな。」

鬼「犬もアルケイン・バーボニアタール!」
私「ストップ もういい」

[ 2019/02/03 00:00 ] 節分 | TB(-) | CM(0)

2019年1月26日(土)の日記

ロックマン11 ブラストマン

 G=ヒコロウ先生の影響により、両手でサムズアップする時の擬音は「ピシプホ」です。


 VRセンター的な施設でVR映像を堪能してきました。何事も経験です。
 昔はジェットコースターやフリーフォールなどの絶叫マシンも、全然平気であることを周囲にPRするために乗ったりしていたのですが、今となっては平気であっても別に好きじゃないし、一人で乗っても別に得が無い……ということに気づいてしまったため、おとなしく恐竜アドベンチャー的なアトラクションを見ることに。

 3D映像がややショボイ事に関しては、ジュラシックパークのクオリティを想定して臨んでしまった私が100%悪いのですが、360度どころか上下含む全方位の世界が立体的に作られていることや、椅子が映像に合わせて振動し、顔に水しぶきをかけてきたりする4DX仕様のシステムで、臨場感溢れる恐竜世界に大満足です。

 プテラノドンと一緒に空を飛び、眼下に見える草食恐竜の群れに入って隙間を縫うように駆け抜けたり。
 途中に群れで登場する竜脚類の恐竜は、ブラキオサウルスやディプロドクス、マメンチサウルス、カマラサウルスなどの特徴が見受けられず、胴と足回りが妙にムッチムチしており、私が幼少期に図鑑で見たブロントサウルスとしか思えない外見をしていたため、恐竜時代なのに懐かしさを感じるという、不思議な体験をしました。
 ブロントサウルス自体は最近再び個別の種として認められるようになりましたが、あのムチムチブロントサウルスは20年近く前に滅びたはず。一体何を参考にモデリングしたのだ。

 VR自体は5分足らずの短い映像でした。
 施設で用意できるVR機器の数の問題で、数人ずつしか映像が見られない問題や、慣れない人はVR酔いを起こしやすいことを考えると、映像が短いことも納得はいきますし、もうちょっと見ていたかったな、と思わせるくらいの長さが丁度いいのでしょうけれど。
 ただ、巨大な恐竜達と一緒に太古の世界を気持ちよく飛んでいる時に、突如ティラノサウルスに襲われるのですよ。それも5分の映像の中で2回も。
 正直な気持ちとしては、アクシデントの起きないジャイロスフィアツアーを楽しむように、もっと野生動物としての恐竜をのんびり眺めていたかったので、生まれて初めて、恐竜関係のものに対して
「ティラノ邪魔だな」
 という感想を抱きました。

 とはいえ。
 5分弱の映像にギュッと内容をつめようと思ったら、ティラノに襲われるイベントくらい入れないといけないんでしょう。
 恐竜物のアトラクションを作ったら、看板にティラノが描かれていないと集客がガクッと減るんでしょう。
 そして看板に描くからには、出さないわけにいかんのでしょう。

 ティラノサウルスというのは、つくづく恐竜界の海老天であるな、ということを痛感した出来事でした。

[ 2019/01/26 00:00 ] 無印 | TB(-) | CM(0)

2019年1月20日(日)の日記

パイルマン パワーギア

 まだ1月なので干支の話をしちゃいますけど、干支の話になると指摘されがちなのが、どうして辰だけ架空の生き物なの? とかそういう話ですが、どちらかって言うと辰の次に巳が来ちゃう順番の方がダメじゃない?
 ペガサス年の次が午年だったらどう思う?
 カツカレー年の次がカレー年だったら、おそらく大晦日にカツカレー作って、日付が変わる前にカツだけ食べる奇習ができちゃうでしょ? おや、別に悪いことじゃないぞ?


 そうそうカレーと言えば。
 インドやネパールの人が経営している本場カレー屋さんって、だいたい外装や看板の感じが似通っていて、店内には似たような音楽がかかっていて、どこも安定して美味しいので、経営のノウハウを一手に教えているコンサルタントや斡旋業者がいるという話も聞くのですが、メニューに間違った日本語も必ず適度に入れるようにと指導されているのでしょうか?

 飲み物のメニューで、最初はちゃんと「ビンビール」って書けていたのに、何個目かから急に「ビーンビール」になっているのは、わざとじゃないとしたらおかしいでしょう。 
 「チキンココナツナンチャラー(チキンとココナツのナンチャラー)」みたいな、知りたいところをあえて原文を残してすかすタイプのおもしろ訳も、わざとだとしたらかなり高度ですよ。
 逆に立ち食い蕎麦屋さんの「きつね蕎麦(Fox Soba Noodle)」なんかは日本人にしか通じないから駄目な誤訳の例ですね。内輪ウケもいいとこです。駄目なところはそこではないのですが。

 メニューを選んでいる時、そして注文したものを待っている間、メニュー表の中から日本語訳のおかしいところを探すのは、サイゼリヤの間違い探しと同じ感じで時間が潰せるので大変有意義ですし、なんとなく心が和らぎ、お店のことを好きにさせる効果もあります。コンサルタントの人が効果的な日本語の間違え方を教えるのにも、なかなか大変なノウハウがあるのだと思います。

 しかしあの感情はなんなのでしょうか。
 馬鹿にしているわけではないんですよ、多分。もし自分が海外でお店を開いたら、もっと酷い訳のメニューを書いてしまうことは予想に固くないので。ただあの完璧ではない様子から、なんとなく可愛らしい印象を受けるし、愛せるようにもなるんですよね。


 人がおじさんになると駄洒落を言うようになるのは、脳の老化が原因であるという説が有力ですが、それ以外にも、わざとくだらなくてしょうも無いことを言うことで、相手の警戒心を解こうとしている側面もあると思うのですよ。おじさんになるとある程度威厳もついちゃって、真面目に話すと若い人が萎縮してしまうから。
 おじさんのお医者さんも、患者さんが力を抜けるように駄洒落を言ったりするでしょう。必ずしも面白がってもらう必要は無くて、しょうもないことも言う人だと思ってもらえれば成功と言ったところでしょうか。
 カレー屋さんの間違い日本語と、おじさんの駄洒落は、狙った効果的には同じものなんだと思っています。

 ハリウッドが描くハチャメチャ嘘日本なんかも、みんな好きだったでしょう?
 最近は海外映画の日本に対する認識がちゃんとしてきて、みんなちょっとつまらないでしょう?

 このカレー屋さんの愛せる日本語の先に、国際平和の道が開かれている予感だけはしているので、みんな真面目に語学の勉強なんかするのやめたらいいんじゃない? 可愛げがなくなるよ?

[ 2019/01/20 00:00 ] 無印 | TB(-) | CM(0)

2019年1月5日(土)の日記

猪突猛進パイルマン500


 あけましておめでとうございます。
 本年もよろしくお願いします。

 いやはや、クリスマスが終わってしまいましたね。もうクリスマスが終わってしまったという事実を受け入れられず、目をそらし続けていたら歳を越してしまいました。辛い。新年最初に書くことじゃないけど、辛い。
 クリスマスのリンゴンシャランラな欧米の雰囲気から一転、ピーヒャラドンツクなド和風の正月に放り込まれることに体の切り替えが利きません。鮭だって生まれた川に遡上する際、海水から淡水の切り替えにちょっと慣らしの期間を必要とするといいますよ。クリスマスが終わったあとの正月への市場の切り替え、無慈悲過ぎるでしょ。
 クリスマスの雰囲気に浮かれて、クリスマスプレゼントにクリスマスっぽい玩具とか、クリスマスっぽい服とか、クリスマスの絵本とか、ツリーの飾りとか、そういうものを贈ってしまったが最期、翌25日にはすでにクリスマスムードが薄れ、26日からは雰囲気に合わない場違いな物としてたった1日で消費期限を過ぎてしまううという悲劇が起こるのです。プレゼント渡してから余韻で1ヶ月くらいクリスマスが続いてもバチはあたらないんじゃないでしょうか。


 クリスマス時期はどこもかしこもチキンの山で、胴体部分はどうしているの? と不安になるほどなのですが、12月25日の夜、チキンやら何やらが特売で安くなっていないかな? とスーパーに寄って帰れば、同じ考えの人が人類の大半を占めていたせいか、惣菜の棚はほとんど空っぽという異常事態。
 というか本当は25日がクリスマス本番なんだから、当日に安売りを期待する方がおかしいんですが。

 だったら26日は? と、翌日の夜にスーパーに行ったら、昨日までクリスマスだったことが嘘のように、チキンもケーキもパスタもパエリアも、影も形もなくなっており、代わりに正月用の餅や蕎麦、おせちセットなどが並べられているのでした。
 昨日までここにあったチキンは? クリスマス商品はどうしたのですか? と店員に尋ねてみても、不思議そうな顔をして口をパクパクするばかり。そうか、認識できない言語だから、聞こえていないんだ……江戸の人が黒船を見ていながら、認識できなかったとかいうアレだ。

 こうして、11月の終わり頃から栄華を誇った大クリスマス群の生き物達は、一夜のうちに絶滅してしまったのです。

 しかし、そんな中に見慣れた顔がありました。
 赤くて半身の憎いやつ、そうあのロブスターだけは、正月に置いてもしっくりきそうじゃない? という理由からか、あのクリスマス大絶滅を生き延びていたのです。
 我々の祖先である小さな哺乳類が、恐竜の大絶滅を生き延びて新生代で大繁栄を遂げたのも、おそらくこんな感じだったんでしょうね。
 上のほうの人たちが、この毛が生えた小さいやつは隅の方に置いておいてもいい感じに雰囲気出るんじゃない? などといって、新生代にも賑やかしとして使い回し、中生代が大好きだった恐竜好きが、恐竜の絶滅を嘆きつつ、あれ、こいつだけ中生代でも見たことあるぞ? となったであろうことはありありと目に浮かびます。

 我々も、新しい世界に置いてもしっくりきそうじゃない? 使い回しでいけそうじゃない? と思われる存在目指して、この平成大絶滅を乗り切っていきましょう。
 メリークリスマス。

[ 2019/01/05 00:00 ] 無印 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

ナポ

Author:ナポ
ブログになっても火箭日報。

【一言メッセージはこちらから。】

検索フォーム